アダルトチルドレンとして生きた世界

整形、借金、不倫、恋愛依存、買い物依存、過食症。キレイになりたいと願うほどに醜く生きる様。

勉強はきっと不幸の始まり

f:id:theendlife:20210103190110j:plain
前回までの記事はコチラ↓↓↓
theendlife.hatenablog.com


学生の本分は勉強だ
私は勉強が嫌いで仕方なかった
と言っても小学生までは勉強をしなくともテストで良い点数をとることは難しくはなかった

父は「きりんは俺に似て頭がいい。」とよく言っていたようでそれも母にとっては気に食わないようだった
一方、父と同じ大学に仕事に就くことをずっと期待されていた兄の成績は私よりも上位をずっとキープしているにも関わらず父からは
「地頭が悪い。見てりゃあわかる。とてもじゃないが希望の大学は無理だ。」と冷たく言い放ち、こう付け加えた「大体の場合、頭脳は母親由来なんだよ」と

母は「お前のせいで兄は頭が悪い」「きりんは俺に似たから頭が良い」
と言われる悔しさを私に存分にぶつけた

何かミスをしたら「あれー?あなた頭良かったんじゃないのー?」と嬉しそうにネチネチと責める
勉強でわからないところを聞くと「こんなこともわからないの!?頭がいいのに!?」と大げさに騒ぐ

学校の先生に「きりんさんは頭がいいですよ。」なんかのお世辞ですら不機嫌だ
母は自分と同じように「ブスで頭の悪い自分」と言う罪悪感を植え付けたいのだ

娘が万が一にでも周りから肯定され、自信を持ち、自立し、人生を躍進されると困るのだ

自分の味方がいなくなり、娘からも見下される対象になってしまうから
そう、彼女も私と同じように「見捨てられ不安」にきっと苦しんでいたのだろう

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】六花亭・六花撰 22個入り【1205704】
価格:12000円(税込、送料無料) (2021/1/5時点)


父は父で申し分ない学歴と仕事に適正な誇りを持つことなく子供の前で、社会的地位の低い仕事を人を指し「おい、勉強しないとああなるぞ」とよく言っていた

私は勉強することをやめた
勉強をしていい大学を出て、いい仕事に就いた大人の姿が醜くく汚くてつまらないものしか感じなかった
母を馬鹿にし、子供の前で職業差別をし、家庭の中の会話は皆無
父も母も友達もいないしちっとも人生が楽しそうじゃない
むしろ苦しそうだ

お友達の家に遊びに行った時に父が馬鹿にした職業に就くお父さんとお母さんは、TVで観たドラマの中の人たちみたいに楽しく談笑し、お互い笑い合って、冗談も言って、カルチャーショックだったことを覚えている

「勉強なんかしたら人間は歪むんだ」
「アイツらみたいな人生になりたくない」

親への反抗と勉強=不幸、家庭しか世界を知らない子供だった