アダルトチルドレンとして生きた世界

整形、借金、不倫、恋愛依存、買い物依存、過食症。キレイになりたいと願うほどに醜く生きる様。

外見コンプレックスと自虐の心理

f:id:theendlife:20210102225244j:plain

※現在進行形の記事です

若い女性には特にだろうけど「外見コンプレックス」を抱えながら生きている人はとても多いと思う
私の感覚だと一般的に見て「普通」だったり「かわいい」子ほどその傾向が強いように感じる
これは私の勝手な考察だけど「普通以上」の外見だと世間からの「外見ジャッチ」を勝手にされる機会が多く
その結果が耳に届きやすいのが一因である可能性もありそうだなぁ

例えば学校で勝手にランキング付けされたりとか、合コンで不人気だったりするのってそもそもランク外の人は参戦できないからね
失礼だけど正直「えっ!?」っていう方が特にコンプレックスを抱くこともなく、なんなら少し自信があったりすることもあるし(失礼)

で、外見についてのあれこれって女性なら学生時代や社会人になって傷つけられることは少なからずあるけれど
その体験で完全に自信喪失になるかどうかは「心の安定」「自己肯定感」があるか否かでその後を左右すると思ってる

私は家族から「ブスだ」と言われて育ち、そこが心に根を生やし、人生の中で起きる様々なアクシデントがトリガーになって顔を出し続ける
狂い始める12歳 - アダルトチルドレンとして生きた世界


うまく行かないこと、挑戦したいこと、他人の屈託のない笑顔をみては
「ああ私がもっとかわいければ」「私が美人だったら」「外見さえよければ」

こんな風に何度思っただろうか
だから誰かから「かわいい」って褒められると嬉しくて嬉しくて仕方なくて何度もその事を思い出して自分を慰める
惨めだなぁ…苦笑

一つ前の記事で書いた学生時代の外見コンプレックスの発動
あたらしい友達と劣等感 - アダルトチルドレンとして生きた世界

昨今ではSNSでは「ありのままの自分に自信を」とか「求めてないアドバイスは不要」とか「そのままの自分を愛そう」と言葉とともに
プラスサイズモデルの方が活躍していたり、一昔前では芸人のような風貌でも自分は美しい!とたくさんの自撮りをあげてファンを獲得していたり
この事自体はその個人が良ければなんの問題もないと思うし、多様性観点で見れば素晴らしいことだ



た・だ
これを心の底から本当に自分のコンプレックスと折り合いをつけて肯定できていれば何の問題もない話だけど
そうじゃないのなら無理に「自信ある!」「ありのまま!」としないほうがいいんじゃないのかなっていうのが私の考え

綺麗事抜きで言うとやっぱりね女性は絶対外見がいい方いいに決まってる
「かわいい」「美人」ってもう女の子なら小さい時から言われる回数が変わってくると思うんだよ
そして幼稚園生くらいの年頃でもみーーーんな「かわいい子」が好き、人気者
外見がいいと「愛さやすい」

学生時代のアルバイトの面接も通りやすいし、バイト先での扱いの差もすごい
そして就活もそう。圧倒的有利。

高校生の頃の超ど級の美人同級生は飲食店のアルバイト先で男性陣が我が我がと手伝ったり
重いものは率先して引き受けてくれたりして「超楽してる」って言ってたなぁ
必ずバイト先でも告白されて困ってたっけ…美人は美人で大変なんだね(白目)

そんな私はバイト先で男性スタッフばりに力仕事に参戦して、別に誰からも手伝われることもなく告白もされることもなく平和(?)に過ごしてました(号泣)

また別の記事で書こうと思ってるけど美人だらけの友達だったのでみんなの話聞いていると本当に羨ましかった
バイト先や遊びに行った先でも知り合う男性には必ず好意を持たれてるんだよねぇ
彼氏なんて選びたい放題し、彼氏も彼女が誰かに奪われるんじゃないかって超心配されてるの
超大事にされてるの。私は何度友達の彼氏たちから相談をうけたことか…苦笑

だいぶ長くなったけど表題の「自虐の心理」だけど大人になった今でもたまに目にする
「私ブスだから!」「私もうババァだからさ!」「私デブだから!」

これって言われた側はたまったもんじゃないし「そんなことないよ」待ち?と不快になるよね
「そんなことないよ」と言ってもらいたい、勿論このゲームコミュニケーション的なパターンもあるんだけど

「言われる前に言う」「傷つけられる前に自分で傷つく」

そんな心理

生育環境の中で幾度となく「いきなり」傷つけらえてくると、準備していなかった心が引き裂かれる
安全だと思っていた場所で不意打ちに殴られる、防御の準備ができていないから真正面から食らってしまう
養育者から日々「一貫性のない感情」をぶつけられ続けると今日の正解は明日の間違いであって四六時中、心の平穏がない

だから外見だって「ブス!」って言われる前に
「はい、わかってます。わきまえてます。私ブスだって知っているのでこれ以上傷つけないでください。」

って自己防衛でしかない
決して「そんなことないよ」待ちが全てじゃないんだよね

私は母から「かわいい」と言われたこともあった。それは嬉しかった。
学校でお友達に「きりんちゃんってかわいい」って褒められると嬉しくて母に報告すると母は劣化の如く怒った
「そんなのお世辞に決まってるでしょ!!!!!!!」と

お母さんだってきりんのことかわいいって言ってたのにどうして今は怒るんだろう…?

だから私は母の前で「きりんはブスだから!」っておどけて見せるようにした
そうしたら母は、そうそれでいいよと言わんばかりに「そんなことないよ、きりんはかわいいよ」とご機嫌だった
母は幸せじゃない自身の娘が幸せそうにしていることは絶対に許さなかった
自分の所有物だから

「自己防衛のための自虐」と「(誤った)謙虚さのアピール」この2つが融合されていることが多いと思う

誰だってかわいいって言われたりし褒められたい
人の外見についてのジャッチは一生を振り回すような傷になる

私も母と同じような毒人間のマインドを持っているので
そうでもない人が「自信」持っているとそれを潰してしまいたくなる衝動にかられてしまう

「どうしてそんな自信持てるの?」「ずるい!」ってね…









1日10分からできる!節約・副業でお小遣い稼ぎ!ポイ活ならモッピー